かゆみなどの症状の季節による違い

季節による治療法の違い

夏期は、汗をかきやすい頚部、膝下、臀部などは、石けんを用いて、柔らかいタオルで優しく・ていねいに汚れを落とすようにしますが、決してこすりすぎないよう気をつけます。

汗をかけば可能な限りシャワーをあびるといいでしょう。

シャンプー、リンスは、毎日行っている人が多くいますが、逆に手や頚部のバリアー機能を障害しますので充分洗浄し、夏であれば水分を充分ふき取った後、保湿クリームなどを薄く塗ります。

冬期には、逆に皮膚の乾燥化が進みますので、石けんの使用は極力控え、関節部などに限定します。


また、皮膚は、入浴後充分水分をふき取って、保湿軟膏や保湿オイルなどをつけるようにするといいでしょう。

皮膚の乾燥化の防止と汚れの洗浄という相矛盾した注意が必要ですから、高齢者や小児患者は家人が十分注意してあげることが肝心です。

特に冬場は、皮膚の乾燥防止に効果的な保湿剤などを使って、皮膚の保湿に努めましょう。

季節による症状の違い

アトピー性皮膚炎には、季節性があると言われています。

アトピー性皮膚炎が夏場に悪化する人もいれば、冬場に悪化する人もいて、かなり個人差がみられるようです。

冬場、寒くなりますと、肌の乾燥がますます強くなりますから痒みがひどくなる人も多いようです。

暖かくなれば、気温が上昇し、発汗によって肌に潤いが出るため痒みが少なくなりますが、汗をかけば、それが刺激になって痒みがひどくなることもあります。

また、夏場は細菌が繁殖しやすくなり、細菌によって皮膚の炎症が悪化することによって痒みが増すことがあります。


edit