遺伝的原因

アトピー素因とは?

アトピー体質と呼ばれる遺伝的な体質のことをアトピー素因と言います。

その中でもアレルギー反応を引き起こす原因となるIgE抗体を生み出しやすいアレルギー的側面と、皮膚表面を守るバリアー機構に問題がある皮膚バリアーの異常があります。

遺伝的に皮脂が非常に少ないことが原因だと考えられています。

アトピーと遺伝

また、皮膚の最も外側の角層に存在する脂質であるセラミドが少ないという報告があり、セラミドの生成に関わる遺伝子が注目されています。

角層の異常に起因する皮膚の乾燥とバリアー機能異常という皮膚の生理学的異常の分子レベルの解明が進んでいるところです。

遺伝子の解析によって、マスト細胞、好酸球にIgE抗体を結合させるレセプター、およびサイトカインのうちアレルギーの炎症に関与するものの遺伝子が集中している遺伝子が、アレルギーと関連していることが明らかになっています。

アトピー性皮膚炎は遺伝する?

アトピ−性皮膚炎や、喘息、花粉症などは、アレルギ−性の病気ですが、アレルギ−性の病気を持った子どもの家系を辿ってみますと、同じ病気を持った人が多くいるというのは、よく知られていることです。

アトピ−の子どもの父親が、やはりアトピ−を経験していたり、祖父母のいずれかがそうだったりということはよくあることです。親から子へとアトピー性皮膚炎を起こしやすい体質は遺伝しますが、その原因となる遺伝子は未だ特定されていません。


アレルギ−性の病気は、現われた病気そのものが遺伝するわけではなく、体質が遺伝すると考えられています。


ですから、肌に湿疹ができやすい体質を変えることはできませんが、湿疹を引き起こすきっかけを回避したり、症状が軽いうちに治療して悪化させないようにすることは可能です。

また、その遺伝的体質も一生続くというのではなく、成長するとともに皮膚も少しずつ強くなって、通常の刺激ではほとんど湿疹が現れなくなる程度に改善することが多いのです。実際、高齢者のアトピー性皮膚炎患者はほとんどいません。

edit