石鹸や入浴剤の工夫とスキンケア

入浴時の注意

アトピー性皮膚炎では、汗、汚れなど皮膚への刺激物を取り除くことがとても大事です。

石鹸や入浴剤は、自分に合ったものを選ばなければなりません。

石鹸を使う時は、まずよく泡立てて、その泡で皮膚を洗うようにします。ゴシゴシこすりますと、湿疹は返って悪化します。

石鹸が残らないよう、充分にお湯をかけて洗い流すようにします。保湿効果のある入浴剤もありますが、むやみには使用せず、お湯の温度はぬるめにします。


入浴後は、タオルをやさしくあてて水分を吸い取ったあと、保湿などのスキンケアをしておきましょう。

アトピーは、皮脂や角質層のセラミドが不足することによってお肌に水分が保たれず、どんどん蒸発してしまうことが特徴です。

お肌から水分が失われて乾燥しますと、お肌のバリア機能が働かなくなりますからアレルゲンが侵入しやすくなって、さらなる乾燥や症状悪化の原因になりますので注意しましょう。

入浴方法の工夫

アトピー性皮膚炎の治療に最適な入浴方法としては、炎症部位を水中に浸けておくこと、できるだけ長い時間水に浸かっていることです。

ホコリなどのハウスダストとダニ、またはその死骸がアレルゲンとなって、炎症で痛んだ皮膚の中に入り込み炎症をさらに増悪させることがあり、それを入浴することにより落とすのが主目的です。

アトピー性皮膚炎の改善・治療として、皮膚の保湿とスキンケアを簡単かつ経済的に実行でき、軽い症状であれば、これだけで効果が充分期待できます。


edit