漢方薬でアトピー治療

漢方薬の効果

漢方薬が皮膚炎を急激に改善させるものではありませんが、まず、その効果として、痒みが緩和するようです。

しかも、外用剤の副作用を軽減して、その使用量を減らすことができるようになります。


アトピーをしっかりと治すには、自然治癒力を十分に発揮できるようにする根本療法が有効な場合もあります。(漢方薬でのアトピー治療

漢方の軟膏の大きな特徴は副作用がなく、皮膚を丈夫にし、肉芽形成と言われる痛んだ皮膚を作る働きがあることです。

その上、成分はすべて天然からなっています。

漢方薬は、免疫を高める効果がありますから、最初はステロイド軟膏と併用しながら服用していきますと、次第にステロイド軟膏を使わなくても症状が緩和してきます。

そのとき、漢方薬の軟膏と併用しますと、さらに効果が顕著になるとされています。

漢方医学の皮膚病に対する考え方

西洋医学が病気の部分を分析的に解明しようとしますが、一方、漢方医学では、全体のバランスを基本に考える、という特徴があります。

ですから、皮膚病に対しても、皮膚も全身の一部という考え方から捉えていきます。

体内の冷えは、毒素の吸収と排泄、そして自然治癒力と非常に強く関わっていますので、漢方薬では、体内の冷えを改善させる処方を中心としています。

特に、消化器系統の冷えが強ければ、毒素の吸収を防ぐことができなくなって、体内毒素は蓄積されるばかりです。

蓄積された毒素は、ある程度排泄は行なわれますが、やはり体内の冷えがありますと解毒排泄能力衰えて、完全に排泄させることはできません。

ですから、漢方薬は内面の冷えを改善させる処方を中心に行われます。

edit