乳児・赤ちゃんのアトピー性皮膚炎

赤ちゃん・乳児のアトピーの症状

赤ちゃんにアトピー症状が出てくるのは、早くて生後4カ月頃です。

乳児期は、皮膚の表層が薄いですから、幼児期から大人にかけてのアトピー性皮膚炎のような、皮膚の表層が乾燥して剥げてくるなどの症状が現れることは少ないです。

耳のうしろや肘、膝の裏側など、関節部分の皮膚が切れたりする典型的症状をはじめ、貨幣状など様々な形の湿疹が現れることもあります。


また、かなり痒みを伴うために、掻いてますますジュクジュクしたり、ばい菌が入って「とびひ」になってしまう心配があります。

アトピー性皮膚炎は、スキンケアを欠かさず行なって、赤ちゃんの生活環境を清潔に保つなど、家族の地道な努力が必要となる病気です。

神経質になりすぎるのも良くありませんが、赤ちゃんの症状に合ったケアの方法を医師としっかり相談して、じっくりとそれに取り組まなければなりません。

赤ちゃん・乳児のスキンケア

アトピー性皮膚炎の赤ちゃんは、皮膚を清潔に保つことと、皮膚を乾燥から守ることが非常に大事です。

ですから、赤ちゃんの入浴やスキンケアはもちろん、赤ちゃんの皮膚のお手入れはいつも行う必要があります。

何事も地道な努力が一番重要です。


大切なのは、スキンケアの考え方です。

スキンケアとは、皮膚の形態と機能を正常に保つための肌のメンテナンスです。

基本は、清潔な皮膚と乾燥の予防からはじまります。

乳幼児の乾燥肌は、皮膚発達が未熟でバリア機能を果たす角層が薄いため、皮脂の分泌が少なく生理的に乾燥しやすくなっています。

乾燥肌がひどい場合は、保湿剤の使用もお勧めします。

赤ちゃん・乳児の離乳食

赤ちゃんにとって初めての固形物は、やはり負担がかかりますので、赤ちゃんの健康状態の悪いときに始めることはしない方が無難です。

また、早すぎる離乳食は、アトピーを引き起こしやすい、とも言われていますので、ゆっくりじっくり進めるのが最良です。

アトピーっ子の離乳食の初期に食べさせる食材としては、野菜がほとんどだと思います。私たちが一般的に栄養と感じている食材は少ないかもしれません。


また、アトピーの赤ちゃんが、みんな食物アレルギーであるとは限りません。

アトピーでも、食物アレルギーの症状が現れない赤ちゃんはもちろんいます。

ただ、アトピー性皮膚炎の症状が現れている赤ちゃんは、みんなアレルギー体質を持っていますので、食物にも敏感に反応し、食物アレルギーを起こす可能性があります。

離乳食の時期になりましたら、離乳食の与え方について、医師と相談しながらゆっくりと進めるのがよいと思います。

離乳食の与え方

edit